【LoR】メタデッキ紹介【1/18版】

runeterraccg.comに載っているルーンテラのTier1のデッキリストとデッキの説明の翻訳を載せていきたいと思います。それぞれ有利と思われるデッキタイプ、苦手と思われるデッキタイプも添えられてます。

目次


Kennen Ahri

CECQCBACB4AQKCR2AEBQEBICAUBAIGQGAEBAQCYMFQZDSAYBAMBBIAIEA6FACAIFAIKQCAIBAIYQ

 《Kennen Ahri》は、イルーシブユニットで相手にプレッシャーを与えつつ、『アーリ』と『ケネン』のレベルアップを目指す。彼らがレベルアップするとプレッシャーが加速し、特に 『アーリ』 はゲームを決定的に終わらせることができる。このデッキは、大量のプロテクションスペルのおかげで混乱しにくい。
 このバージョンでは『アブゾルバー』と 『アーリ』 のコンボのために[シュリーマ]を投入しているが、さまざまな投入が可能である。また、『ゴー・ハード』のために[シャドウアイル]を、『武力』のために[ノクサス]を入れるバージョンも人気がある。

有利な相手:パンテオンフェイテッド、アイスボーンポロス。
苦手な相手:Spider Burn、FR SI Control。


Scouts

CEDACBIGAEAQGAAOAECAAAQCAEAASHICAIDBMOQEAIAAEBQJBIBACAQAA4AQEBR6AEBQCAAVEUZQ

 《スカウト》は、その名の通りキーワードを中心にデザインされたアーキタイプです。この古典的な[デマーシア]デッキは、強力な盤面を構築し、バフでそれをバックアップすることを目的としている。「スカウト」というキーワードで、このデッキは相手に大きなプレッシャーを与え、ラリーでそのプレッシャーを軽減させる。
ミス・フォーチュン』はこのデッキのキーユニットであり、「スカウト」キーワードと「奮起」の助けを借りて非常に素早くレベルを上げることができる。『クイン』もまた簡単にレベルアップするので、相手が 『ミス・フォーチュン』 を処理するために全リソースを投入した後、素晴らしい予備プランになることが非常に多い。

有利な相手:Iceborn Poros、Ahri Kennen。
苦手な相手:十分なデータがないため、後で確認してほしい。


Pantheon Fated

CECQCAYABYAQIAACAIAQACI2AMCQSAYFAYCAGCI3EMZTUAQBAMEVYAICAAAQGAIBAAGQCBAAAMAQGCIT

 《Pantheon Fated》はバフに特化したアーキタイプで、「フェイト」というキーワードを活用し、『パンテオン』を素早くレベルアップさせることができます。『ゼニスブレード』を使い、『ゴールデンイージス』や『決戦場』でバックアップすれば、「フェイト」の大型ユニットはすぐにゲームを終わらせることができる。
 このアーキタイプにはいくつかのバージョンがあり、それぞれに利点と欠点があります。ここでは《パンテオン・タリック》版を取り上げますが、《モノ・パンテオン》版や《パンテオン・シヴァーナ」版のリストも掲載しています。

有利な相手:アイスボーンポロス、ダークネス
不利な相手:アーリ・ケネン、スパイダーバーン


Sivir Demacia

CECACAYABYAQEAABAIAQACI5AYCAOFBWM6AADAIBQIAQEAIEAABAGBAHBVOYUAICAEAQAGQBAQAAG

 《Sivir Demacia》は、「バリアー」や「クイックアタック」に「ストライク」効果やVulnerableキーワードを組み合わせて、ボードアドバンテージを作り出そうとするミッドレンジアーキタイプです。
 このミッドレンジゲームプランを強化するために、『アクシャン』はレベル2のランドマークで強力な勝利条件を提供します。『シヴィア』は、特に『アブゾルバー』や『ゴールデンイージス』と組み合わせた場合、レベルが上がると素早くゲームを終了させる。

有利な相手:Darkness
不利な相手:アーリ・ケネン


Taliyah Ziggs

CEBQEBIHA4FQGBIKDNE2GAIEAQDQ2JSJLEBQCBIHAQBAKCQGUYAQGBAHEVGIUAIBAECQOEI

 《Taliyah Ziggs》は、ランドマークシナジーを中心としたデッキです。序盤のカーブが良いので、自陣を守ったり相手にプレッシャーをかけたりすることができ、その後レベルアップした『タリヤ』、『ジグス』、『弾薬庫のヨードル』が降りてきてゲームを終わらせることができます。『アブゾルバー』は 『タリヤ』 との致命的なコンボであり、『古の砂時計』はこのデッキのキーユニットを扱うことが対戦相手にとって困難であることを示すかもしれません。
 ランドマークのアーキタイプの《Zilean Xerath》構築も成功した方法ですが、ラダーでは《Taliyah Ziggs》版より少し悪いパフォーマンスになっています。

有利な相手:コントロール系のアーキタイプ
不利な相手:アイスボーンポロス、アーリ・ケネン


Iceborn Poros

CECQCBIEBQBAIBAHCABACBAUFUBQGBANCIMQGAIBAYIBSAYBAQAQUAIBAEBQCAIEE4AQCAIEBU

 今回のパッチで新たにバフされた『アイスボーンの遺宝』は序盤からラダーを揺さぶっており、『命知らずのポロ』とのコンボはこのカードの最も有望な方向性の1つだと思われます。
 初期ユニットを持つこのデッキは、最初のターンの間、運転席に留まり、カードを循環させて『ポロのおやつ』と 『アイスボーンの遺宝』 を探し出すことができる。それらのバフによって『命知らずのポロ』は巨大化し、『ポロキャノン』と『反復拡張』のおかげで多数のコピーを生成できるため、「イルーシブ」で非常に簡単にゲームを終わらせることができます。

有利な相手:ダークネス、FR SIコントロール
不利な相手:アーリ・ケネン、スパイダーバーン

元の記事はこちら

パッチ3.0.0の内容はこちら


雑感

《Iceborn Poros》の評価は人やサイトによってTier1になったりTier2になったり。メタデータとかで見るとプレイされてる数は多いみたいだから上位メタと思っていいんだろうか。《アーリ・ケネン》が苦手って時点で詰んでる気はするけどw
《アーリ・ケネン》 は相変わらず勝率、プレイ率高いですね。派生が幾つかあるのがまた面白い。

Leave a Reply